土質改良プラントを用いて地盤のしっかりした建築物を建てよう

新たな投資方法

太陽光発電

太陽光発電の設備に投資をする人が多くなっているのは、これから下がる可能性があるからです。今のうちに投資をしておいて、買取価格を高い値のときにやっておけば得をするからです。太陽光発電システムというのは、普及させることか国策になっていますから、実は相当、投資に対する補助があります。最近では休耕田にまでやろうとしているくらいです。 問題は太陽光発電システムに投資をすることによって、どのくらいの利益があるのかです。ですから、しっかりと計算をすることです。そもそもどうやって太陽光発電システムに投資をして儲けるのか、というと売電です。 つまりは、電気を売るわけですが、その価格によって回収できる年数が違ってきます。

近年のエコ志向と高い買取価格から急激に太陽光発電が広まりました。自宅の屋根などに乗せるタイプの太陽光発電設備は、発電した電力をまず自宅で使用し余った分を買い取ってもらう制度です。毎月の電気料金が安くなるメリットと、お小遣い程度の収入が見込めるというもので、だいたい200万円前後で発電設備を取り付けることが出来ます。初期投資は10〜15年で回収出来るなら載せるメリットが大きくなります。 空き地を利用した全量買取の太陽光発電はメガソーラーと呼ばれることが多いですが、発電した電気全てを買取してもらえます。この場合は約8〜10年で初期投資が回収出来ますが、設備の大きさにより数百万から一千万円単位で必要になります。だいたい初期投資の倍程度の収入が見込めます。 太陽光発電に一口数十万円から投資できるというものもあります。まとまった資金がないけれど、太陽光発電の投資を始めてみたいという人にはこんな投資もお勧めですね。