最新記事一覧

行政書士に依頼します

男性

賃貸契約前が良いです

キャバクラやホストクラブなどの店を開業する場合、必要となってくるのが風営許可申請です。風俗営業許可を警察署に申請し、公安委員会にて認可されることにより、開業が可能となるのです。風営許可申請は、経営者自らが行っても構わないのですが、現実のところ行政書士に任せる方がほとんどです。行政書士は、弁護士や会計士など、士が語尾につく、いわゆる士業の一つです。風営許可申請は、許可申請書に記入するだけの簡単なものではなく、かなり難解なものです。ですので、この種の申請を得意として慣れている行政書士事務所を選ぶのも大切です。書類のほかにも、お店の図面作成や、警察との交渉なども必要となり、これらをすべて行政書士にませることができます。手間のかかる手続きの時間の間に、その他の出店準備に時間が使えるのでメリットは多いといえます。では、行政書士に相談する際に気を付けることはどんなことでしょうか。まず依頼は、出店場所の賃貸契約の前に行うということです。実際、賃貸契約をした後に依頼を行っているケースも多くあるようですが、契約前にするのがベストです。まず確認しなければならないのは、その場所の用途地域が、商業地域もしくは近隣商業地域であるかどうかです。一部でも住居地域にまたがってる場合は、出店は不可能なので注意が必要です。そのほか大家さんや管理会社から、使用承諾書を得ておくことも重要です。これも風営許可申請には必要となってきます。これらの最低限のことが確認されて初めて、行政書士は依頼を受けることになるのです。