土質改良プラントを用いて地盤のしっかりした建築物を建てよう

舗装のポイント

運転席のシフトレバー

自宅の前の道路を自費でアスファルト舗装したいというときには、施工業者に依頼することになります。アスファルト舗装を自分でするというのは、器具が必要なためほとんど不可能と思ってよいでしょう。 アスファルト舗装について施工業者と打ち合わせするときには、アスファルトの厚みについての決定がとても重要になってきます。 路面を均等にならして、砕石を一面に敷き詰めた後に、アスファルトで表面を覆っていくのですが、厚みによってどれくらいアスファルト舗装が長持ちするかが決まってくるからです。アスファルトを分厚くすると、それだけ耐用年数が長くなりますが、一平方メートルあたりの工事費用も高くなります。平均的な厚みは、4センチから5センチですが、予算に余裕があるなら、厚めにしておくとよいでしょう。

自宅前の所有している空き地や、駐車場にと思っている土地をアスファルト舗装しようと考えた場合、まず気になるのはその工事に掛かるお値段です。 アスファルト舗装の場合、舗装のために準備される機材の使用費がかなり高めなので、舗装面積が広ければ広いほど面積辺りの単価は安くなります。面積が大きければ機材の使用単価比率を低く抑えることが出来る訳です。従ってアスファルト舗装は広い面積に施すのがお勧めです。 地域によっても地盤の状況によってもお値段が異なるので、専門の業者に事前に正確な見積もりを出してもらわなければなりません。面積の大小によって価格は異なってくるのですが、一平米辺りの単価は数千円というところが妥当です。普通は四、五千円の圏内に収まりますが、あまりにアスファルト舗装する土地の面積が狭いと万を超えることもあります。