土質改良プラントを用いて地盤のしっかりした建築物を建てよう

アスベストの影響

アスベスト

アスベストは塵肺、肺線維症、肺癌、悪性中皮腫など人体への健康被害をもたらすとして問題となっています。日本においては2005年にアスベスト含有製品を過去に清算していた工場近辺に住む住民の健康被害が明らかになったことで、法律が制定されました。アスベストは、耐熱性、絶縁性、保温性に優れ、断熱材、絶縁材などに古くから用いられ、「奇跡の鉱物」として重宝されてきました。しかし、健康被害が問題になってからは、「静かな時限爆弾」と呼ばれるようになりました。 現在では、アスベスト製品がほぼ全廃されましたが、吹き付けアスベスト、アスベストを含んでいる断熱材などが用いられた建造物から、解体時にアスベストが飛散することが問題とされています。アスベストに対する今後の対応はどうなっていくんでしょうか。 近年、有害なアスベストを無害化する研究が盛んに行われていたり、代替製品も開発されてきています。実用化にはまだ時間がいるかもしれませんが、これからも科学技術の発展によるアスベストのリスク除去に期待したいです。

アスベストは、耐熱性・絶縁性・保温性に優れている事から、有用性の高い建築資材として古くは用いられていましたが、健康被害リスクがある資材である事が判明し、公共施設に用いられているアスベストの撤去・除去の必要が高まり、その取り扱いは厳重な注意をもって行われています。 アスベストの繊維を吸い込んだ時、肺胞に到達したアスベスト繊維は、自然に排出が行われず、繊維を異物として認識した生体反応によって細胞の炎症・損傷が起き、癌を罹患するリスクが高まります。そのため、原料や使用した資材の撤去、使用建築物の解体時には、可能な限り吸入しないように防塵マスクや防塵服等の装備を行う必要があります。 撤去・解体作業後には、装備していたものに付着している粉塵を取り除き、装備を外した後の吸入を防ぐ事も重要です。